ありがとうを贈ろう。

ありがとうの本2011

絆創造業 平安閣グループ

  • ありがとうの本2017
  • ありがとうの本2016
  • ありがとうの本2015
  • ありがとうの本2014
  • ありがとうの本2013
  • ありがとうの本2012
  • ありがとうの本2011
  • TOP
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫
妹と弟へ
いつも 「お姉ちゃん」 って頼りにしてくれてありがとう。 好きなドラマが始まると大声で呼んで教えてくれてありがとう。 こっそり人参を食べてくれてありがとう。 3人のお姉ちゃんで本当によかった!これからも兄弟4人で仲良く助けあって生きていきましょう。 くだらないことでけんかして、 すぐ仲直りする今の関係が、 ずっと続いたらいいのになあ。 これからもありがとう。
千葉県 18才 女性
お母さんへ
いつもありがとう。 お母さんは今まで父の役目も母の役目もしてきてくれたのに、 友達のお母さんと比べてこんな風だったらいいのにと思ってしまった。 だけど、 お母さんは両方の役目をこなしているからもっと大変なんだと思った。 今まで理解してあげられなくてごめんね。 お母さんが育ててくれたから今の私がいるわけで、 大きくなるまで育ててくれてありがとう。 言葉ではうまく伝えられないけど。 これからも元気で楽しく過ごしてね。
愛知県 33才 女性
いただいている命へ
私は生きています。 毎日いただく食べ物等によって。 それは動物であったり、 魚や野菜であったり、 そしてそれらにも命がそなわっています。 生きていくために、 たくさんの命をいただいているのです。 当たり前のように食べているそれらの命。 命は何であれ尊いです。 無駄にすることなく、 それらに感謝し、 ありがとうと伝えたい。
愛知県 59才 女性
娘へ
ずっと1人で育ててきて、 十分に愛情を注げているか不安ですが、 そんな母の心配をよそに愛嬌たっぷりでひょうきんな女の子に育ってくれました。 周りにたくさんの笑顔をくれますね。 8月から仕事復帰のため、 益々寂しい思いをさせていますが、 毎日笑顔で 「お帰りママ」 と迎えてくれるあなたは私の宝もの。 生まれてきてくれて本当にありがとう。 あなたに会うために、 私はこの世に生を受けたのだと実感しています。 全力で守っていくからね。
宮崎県 37才 女性
お母さんへ
みそ汁とごはんが炊けるにおいで目が覚める、 そんな朝がだいすきです。 お弁当のふたを開け、 少しのりがしなびたおにぎりと卵焼きをほおばる瞬間がとても幸せです。 そんな幸せを毎日わたしにくれるお母さん、 あなたのことが大好きです。 恥ずかしくて、 あらためて言うことはあんまりないけど、 ほんとにほんとに感謝してます。 いつも、 ありがとう。 お母さんの子供に生まれてこられて幸せです。 これからも、 よろしくね。
長崎県 22才 女性
おじいちゃんへ
私の文通相手はおじいちゃんです。 と言っても実の、 ではなく私の祖母の姉のだんな様であり血のつながりはありません。 ですが、 実の孫のように幼い頃からかわいがってくれます。 月に一度は近況を手紙で送り合います。 昔、 はとこに 「おじいちゃんがいてうらやましい。」 と何度も言っている私に 「お前だって俺の孫だろ?」 ってなんでもないことのように言ってくれて。 何気ない一言がこんなにも相手の心を包みこんでくれると教えてくれたおじいちゃん・・・。 大好き、 ありがとう。 ずっとこの文通を続けます。
東京都 26才 女性
お母さんへ
お母さんの子供でいさせてくれて、 ありがとう。 私が我儘を通し、 四十歳になっても結婚しないことを 「そういう生き方もあるわ。」 と言ってくれたね。 あれから随分、 心が軽くなったよ。 そして 「お母さんは共働きで忙しかったから、 あんたの持っている本当の才能に気づいてあげられなかった。 それを伸ばしてあげられなくて、 ごめんね。」 と言ってくれたことを、 私は生涯忘れない。 私は一生、 あなたの子供です。 ありがとう、 お母さん。
愛知県 40才 女性
父へ
いつまでも長生きしてほしい。 これが私の大好きな父への願いでした。 結婚するとき、 娘を幸せにしてほしいと優しく夫に微笑みかけた父。 孫が生まれると、 いつも公園で遊んでくれたり、 文句も言わずに毎日学校の送り迎えをしてくれたりした父。 二人の孫の専属運転手だった。 「お父さん、 障子が破れたから貼って。」 「お父さん、 明かりつかないから修理して。」 帰ってきたらすべて直っていた。 父からいっぱい無償の愛をもらった。 父は昨年がんで他界した。 そのとき言えなかった言葉を届けたい。 「ありがとう。 お父さん。 大好きだよ。」
香川県 50才 女性
日本全国のみなさん、 世界のみなさんへ
3月11日の震災があり、 電気、 ガス、 水が使えない生活だったときのことです。 たくさんの人が私たちに募金してました。 たくさんの人が支援として服や食べ物を送ってくださいました。 自分は被災者として本当に助けられました。 あのときの私は 「ありがとう」 と伝えていなかったのですが言いたいです。 本当に伝えたいです。 贈り物としてではなく 「ありがとう」 という意味を募金したいです。
宮城県 16才 女性
両親へ
結婚して2年。 まだまだ未熟な夫婦ですが父と母にはいろいろと助けてもらって何とか生活しています。 仕事の都合で遠方に暮らしていても何不自由なく暮らせるのは両親のおかげです。 これからももっともっとお世話になるけれどよろしくおねがいします!いつもありがとう!!
愛知県 31才 女性
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫

ページの先頭へ戻る