ありがとうを贈ろう。

ありがとうの本2015

絆創造業 平安閣グループ

  • ありがとうの本2017
  • ありがとうの本2016
  • ありがとうの本2015
  • ありがとうの本2014
  • ありがとうの本2013
  • ありがとうの本2012
  • ありがとうの本2011
  • TOP

≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫
9才の息子へ
母の日。たまにしか渡してないお小遣いを一生懸命ためて、それでも100円ちょっとしかたまってなくて、それでも「おかあさんの好きなお菓子なに?」と聞いてくれ、一人でそのお菓子を買ってきてくれた息子。「お金あんまりなくて、お菓子だけどごめん。」と言って息子がくれたお菓子。もったいなくて食べれません。「大きくなったらもっといいもの買ってあげるからね。」息子のその言葉が本当に本当に嬉しくて、とても幸せな母の日でした。息子へ。ありがとう。
愛知県 35才 女性
会ったこともない4年生たちへ
あなたたちに会ったことはありません。でも少し認知症ぎみの祖母が一人で出掛け、迷子になった時にあなたたちが交番まで連れていってくれたおかげで祖母は笑顔で自慢げに壮大な冒険談を話してくれます。あの時、お礼には行けなかったけどあなたたちにとって当たり前で何気ない行動が、私たち家族に安堵といつも通りの幸せを感じさせてくれました。あの時はありがとう。どうかそのままの優しい大人になってください。
愛知県 27才 男性
夫へ
結婚して今年で15年。その間に私は4回も手術をしてしまいました。何度も心配をかけて、しんどい思いをさせてごめんね。今も車で一時間以上かけて病院へ連れて行ってくれるあなたに、弱音を吐いてしまって、甘えてばかり。こんな私をずっと支えてくれてありがとう。一人じゃここまでこれなかった、振り返るたびに思います。退院して家に帰ると、丁寧に干してあった洗濯物。洗濯が大の苦手なのに・・・。時間をかけて頑張ってくれたのがわかった。すごく嬉しかったよ。通院が嫌で暗くなった時に、「定期的にドライブデートしてるって思ってよ。」と私を笑顔にしてくれた言葉、忘れません。あなたからのパワーを抱きとめて・・・。頑張るからね!
兵庫県 44才 女性
お父さんへ
いつも優しい目で見守ってくれるお父さん。朝、会社に行く時も毎日「頑張ってね!」と送り出してくれてありがとう。そのおかげで仕事を頑張ることが出来ます。私が初めて就職した時のお祝いの食事会の時、「本当に辛かったらいつ辞めてもいい。お前がいつも元気でいてくれるのが一番だ。居てくれるだけでありがとうなんだよ。」って言ってくれたよね。その時私はお父さんの娘でよかったと心から思いました。些細なことでよくケンカもするけど、私はお父さんの事が大好きです。家族の事をいつも一番に考えてくれるお父さんを尊敬もしています。誰が何と言おうとお父さんは世界一のお父さんです!本当にいつもありがとう!
愛知県 28才 女性
親友へ
私の夢は高校生の時から〝ウエディングプランナーになること〟でした。そのために進路に迷った時、背中を押してくれたね。やっとプランナーになった時、仕事の厳しさに落ち込む私を励ましてくれたね。忙しく働く私の体をいつも心配してくれてたね。そこまで必死に働いても、自分の未熟さを痛感していた私に自分の結婚式の担当をまかせてくれたこと、本当に嬉しかった。しかもその結婚式の中で伝えてくれたのは、「あなたの夢はプランナーになること。私の夢はあなたにプランナーとして担当してもらうこと。夢が叶う日が来ました。」というメッセージ。涙が溢れました。とても誇らしく、とても幸せで胸がいっぱいでした。夢なんて大げさかもしれないけど、全力で応援してくれてありがとう。あの日、間違いなく夢が叶ったと胸をはれるよ。
愛知県 27才 女性
清掃委員のおじさんへ
ごみ収集日には、天候に関係なく早朝からごみ出し終了時刻の午前8時半まで、ごみステーションに出されたごみを見守ってくださっています。また、ごみの出し方のマナーの点検を兼ね、町内の方々が出しやすいようにごみステーションに出されたごみを整頓したり、周りの清掃をしたりしながら、「ごくろうさま」と言って、いつもにこにこ話しかけてくださいます。冬は寒いし、夏は暑く、臭いもきついです。しかし、私たちのために毎週3日程度ごみ収集日には、無償にもかかわらず必ずいらっしゃいます。おじさんに会うたび、今日も頑張るぞ、にこにこ笑顔で、おじさんのように。そういう気持ちになれます。いつもありがとう。
愛知県 52才 男性
天国に旅立った96才の祖母へ
おばあちゃん、私が2才で一緒に暮らし始めた時からずっと変わらない沢山の愛とまごころをありがとう。優しかった祖父が「そろそろ来たら?」と迎えに来たかのように、おだやかな春の日差しに包まれた祖父の命日に、あなたは旅立っていきましたね。96才になっても一人で生活をし、小柄ながらもしっかりと自分の足で歩き、畑に出かけて草取りをするあなたの生命力の強さを、親戚中が感心し目標にしていましたよ。質素に暮らし自分のことは後回しで、人の為にいつも動いていたあなた。少なくとも50年以上書き続けた日記は、亡くなった日もきちんと綴ってありましたね。どんな本を読むよりも、あなたの生き方そのものが「元気に長生きする秘訣」だと思います。あなたのように人生を最後までしっかりと生き抜くことが私の目標です。
愛知県 38才 女性
弟へ
いつもは、すごくたまにしか弟に言ったことのない「ありがとう」だけど、言いたくないだけで本当はたくさんあるよ。友だちとけんかして私がおちこんでいた時、なぐさめてくれたこと。いっしょにバスケをした時、「おねえちゃんみたいになりたい!」と言ってくれたこと。「おねえちゃん頭いいなぁ。」って言われた時は、はずかしくて無視してしまったり・・・。本当はうれしかったのに。ゲームをしていて、ついカッとなってけんかをしてしまった時は、2人でお菓子を食べて仲直りをしたね。前よりけんかが多い気がするけれど、私の弟は私のたった一人の弟だから、私たち家族にとっても大切な存在。初めて言うけど、生まれてきてくれてありがとう。
愛知県 11才 女子
大好きな家族へ
いつも会社から帰ると、優しい笑顔で迎えてくれる妻。玄関まで真剣な顔して走ってきて、抱きついてくる娘たち。あなたたちの優しさに会いたくて、いつも家に帰るのが楽しみです。時には帰りが遅くなり、起きている時間に戻れないこともあるけれど、家に帰りつきみんなの顔を見るとホッとします。と言いつつも、独りよがりの考えで、度々怒らせてしまったり、悲しませてしまったりしてしまい、本当にごめんね。気づいていないかもしれないけれど、心の中では猛省しています。冷静に考えると、ほとんどが自分のわがままが原因だったと気づいています。これからも繰り返してしまうこともあると思うけど、末永く見守ってください。本当にみんなを愛しています。
愛知県 40才 男性
お母さんへ
中学生の時ママと大喧嘩して、いつもは中間役のお兄ちゃんが私の味方をし、ママは1人でリビングにいたよね。お兄ちゃんと2人でママが作ってくれたご飯も食べず部屋に引きこもっていたら突然ママが部屋に来た。怒られると思ったら全然関係ない話をしだして、なんとも思ってなかったんだと思いリビングに行ったらテーブルに水滴が。その水滴が涙の跡と分かった時、初めてママの弱さを知りました。ママは私たち家族の前では強いようにしているけど、実は私なんかよりも弱いのかもしれません。あの時は私のせいで泣かせてしまって本当にごめんなさい。まだまだ子供な私ですがこれからは私がママを守っていきます。いつも私たち家族を明るくしてくれてありがとう。ママの存在はとても大きいです。大好きだよ。
愛知県 17才 女性
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫

ページの先頭へ戻る