ありがとうを贈ろう。

ありがとうの本2016

絆創造業 平安閣グループ

  • ありがとうの本2017
  • ありがとうの本2016
  • ありがとうの本2015
  • ありがとうの本2014
  • ありがとうの本2013
  • ありがとうの本2012
  • ありがとうの本2011
  • TOP

≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫
隣の席のおばあちゃんへ
たまたま隣の席に座ったおばあちゃん。お金を落として取りにくそうにしていたので取ってあげると「ありがとう、優しいのね。」って言った。仕事でつまずいて悩んでる今。最近仕事で怒られるばかりで、ありがとうと他人から言われることなんてなかった。お礼を言われて心が救われて、こちらが「ありがとうございます。」って。「ありがとう」って人を救う言葉なんですね。
岐阜県 23才 女性
孫へ
バアバが亡くなった後、腑抜けみたいになったジイジは、遺影を見ては溜息ばかりついていた。まだ三つだったお前は、そんなジイジを見て「ジイジも写真になっちゃイヤだ。」と泣きながら一喝してくれたな。本当に嬉しかったよ。あれでジイジは生き直す元気をもらったよ。お前の三輪車を押し、公園にお店に買い物にと、よく出かけたな。スーパーで買った韓国海苔を公園のベンチで競って食べたりもしたなぁ。実に楽しかったよ。夏休みのラジオ体操に二人で参加し、揃って皆勤賞をもらった時はハイタッチで喜び合ったものだった。お前も小学四年になった。照れ臭いから、お前の背中に「ありがとう」と言わせてもらうよ。
東京都 72才 男性
交通指導員さんへ
「おはようございます。」と毎朝登校時にあいさつをしてくれる交通指導員のMさん。毎朝私はMさんに元気よくあいさつしてもらい「よーし。今日もがんばるぞー。」という気持ちになります。つらいときも、うれしいときも、毎朝、雨の日、風の日、私が入学したときから六年間ずっと見守っていただきました。私は毎朝Mさんに会って、私達一人一人の安全を見守っている姿を見ると、とてもうれしくなります。私は、その姿を見ると「明日からも元気に登校しないとな」と思います。はずかしくって言えなかったけれど、Mさん、毎朝ありがとうございます。これからも小学生の安全を元気よく見守ってください。
愛知県 11才 女子
息子の同級生へ
母が末期がんと知り、失意のどん底にいた私。毎日泣き暮れる日々。せめて千羽鶴を折ろうと用意したものの、仕事と家事に追われる私一人ではいつ完成するか分からない。すると息子二人が自分の持ち分、と折り紙を持っていった。息子達は学校の休み時間を鶴折りに費やしていたらしい。大好きなばあばの回復を願いながら。友達はみんな休み時間は外で遊んでいるのに。そんな姿を見た同級生が手伝う、と一緒に鶴を折ってくれたそうだ。しかも何人もが。ときどき折り方の違う鶴があったけど、息子から話を聞いて涙が止まらなかった。こんなに優しい友達がいるんだと。母が余命半年と言われながらも二年半生きたのはみんなのおかげ。優しい息子の友達、本当にありがとう。
愛知県 41才 女性
母さんへ
いつも言えないけど、母さんのおかげできちんとした生活がおくれている。もしもいなかったら、生きていけるのかも怪しい。母さんがいるから美味しいご飯が食べられる。母さんがいるから毎日きれいな服が着られる。母の日にすら「ありがとう」を言えていない。カーネーションすら贈っていない。けど、心の中には感謝の気持ちでいっぱいだ。「ありがとう」その5文字を伝えるだけなのに照れくさくて言えない。自分はまだまだ母さんの助けを必要とする出来の悪い息子だ。でもいつかは、母さんが自慢に思ってくれる息子になりたい。いや、なってみせる。自分はまだまだだけど、いつも感謝している。ありがとう、母さん。
愛知県 12才 男子
主人へ
自分には厳しく他人には優しい夫。優しい言葉を掛けるのは苦手みたいで、何も言ってくれないけど、ダメダメ主婦の私を何も言わずに守ってくれているのは知っています。早起きが苦手な私が夢の中にいる時間に起きて、静かに仕事に向かっているよね。本当は、私もちゃんと起きなくちゃいけないのに。ご飯の味付けを失敗した時も何も言わずに食べてくれます。料理が美味しくないのは、お茶を飲む量が増えるから分かるけどね。掃除が出来ていないところは、さりげなく埃をとっておいてくれてるね。嫌味のひとつも言われた事ないよ。空気みたいな関係って、いい事も悪い事も共有出来ているからかもしれないね。ありがとう。これからもよろしく。一緒に土に還る時まで一緒にいてね。
岐阜県 47才 女性
お父さんへ
"男手一つで育ててくれてありがとう。物心ついた頃からお母さんがいなかった私。男親にとって、とても気難しい娘だったと思います。料理があまり得意ではなかったのに自己流で勉強して、一生懸命作ってくれた料理に文句を言って困らせた事もありました。結婚した今、私が旦那さんに出す料理の味はお父さんが作ってくれていたものばかりです。その料理をいつも美味しいと喜んで食べてくれています。美味しいごはんをいつも作ってくれてありがとう。母親のいない分、沢山の愛情を注いでくれてありがとう。お父さんのおかげで今幸せです。"
愛知県 28才 女性
娘へ
うちは決して裕福ではないので、おもちゃとかおやつとか、何でもは買ってあげられません。「お友達がプリキュアのおもちゃ買ってもらったんだって。」とか「あ、これ誰々ちゃんが持ってたよ。」とか聞くと、やっぱり欲しいのかなって思います。「欲しい?」って聞くといつも「サンタさんにお願いするからいいよ。」と。周りからは「ワガママを言わないお利口さん。」と言われるけど、たくさん我慢してるのがわかります。何かを誤魔化そうとするとき「ママ、大好き。」って言うんです。その度に胸が苦しくなります。だけど、ワガママ言わずにいてくれるから、ママもお仕事頑張れるんだよ。休みの日にはたくさん遊ぼうね!いつもそばに居てくれてありがとう。
福岡県 30才 女性
妻へ
結婚してくれて、ありがとう。元気な子供たちを、ありがとう。普通の生活を、ありがとう。ずっとそばにいてくれて、ありがとう。なのに、あなたは逝ってしまうのですね。心臓病で逝ってしまうのですね。さびしいです。かなしいです。それでも変わらずにいる、あなたが眩しいです。もういちど言います。25年間一緒にいてくれて、本当にありがとう。
東京都 54才 男性
いつも元気なママへ
私は、ママに「ありがとう」と最近言っていません。いつも、ごはんを作って、そうじをしていつも大変なのに、私を全くたよらないで、一人で全部やっています。なのに私は、いつもあまり手伝っていませんでした。ママは私に、いつも優しくて、おもしろくて、たよりがいがあって、それでも私は最近「ありがとう」を言っていませんでした。なので、そう思った次の日から、手伝いも、「ありがとう」も一日一回はするようになりました。一日十回「ありがとう」をずっと続けて1000回目には、いいことが起きると聞いたのでやってみようと思います。改めて「ママ、いつもありがとう」。
愛知県 10才 女子
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫

ページの先頭へ戻る