ありがとうを贈ろう。

ありがとうの本2016

絆創造業 平安閣グループ

  • ありがとうの本2017
  • ありがとうの本2016
  • ありがとうの本2015
  • ありがとうの本2014
  • ありがとうの本2013
  • ありがとうの本2012
  • ありがとうの本2011
  • TOP
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫
息子へ
「あなたは難病です。」と宣告されて私は目の前が真っ暗になりました。小さなあなたにおっぱいをあげることもできなくなって、自分で自分が嫌になりました。治るわけでもない治療を毎日毎日。ただここに存在するのも辛くなった時「ママがんばって。」あなたの言葉でママ頑張ろうって思えたよ。あなたの笑顔をいつまでも見たいから、ママこれからも頑張るよ。くじけそうになる度に、はげましてくれてありがとう。ママのところに生まれてきてくれてありがとう。
千葉県 24才 女性
お父さんとお母さんへ
私の家は自営業で、お父さんお母さんが、がんばっている姿をいつも近くで見ることができます。そんなお父さんはとってもまじめで、38度近く熱がでても休むことなく仕事をがんばってくれます。お父さんのおかげで25mが泳げるようになったし、体力がなかった私でも、学校の持久走大会で10位以内に入れるようになりました。お母さんは、私が習い事を続けられるように、店が10時に終わり帰宅してからも、寝る間も惜しんで内職の仕事をしてくれます。とてもつかれているはずなのに、定休日の月曜日は毎週のようにいっしょに遊んでくれます。そんなお父さんとお母さんが私は世界で一番大好きです。お父さん、お母さん、今までありがとう。そして、これからもよろしくお願いします。
愛知県 11才 女子
ありがとうを教えてくれた名も知らない人へ
「ほんとうに有り難いと思うのなら、その気持ちを困った人を助けることに使ってくれると嬉しい。」そう言ってその人は幼いお子さんと去っていきました。私はそれまでと違う「ありがとう」を学びました。「次はあなたが人を助ける番ですね」とのメッセージと受け止めました。それがありがとうのリレーのはじまりでした。バスの降車時、手袋を落とした人に「落としましたよ。」と呼び止めたり、座席の忘れものに気付き降車ギリギリの彼女に「忘れ物ですよ。」と声を掛けたりなど。些細なことですが自分の信念を表すチャンスをくれた人達と、ありがとうを教えてくれた名も知らないあの時のあなたに「ありがとう」を贈ります。
山口県 62才 女性
主人へ
あなたは本当にやさしいですね。2回も流産してしまい、あなたもどれだけつらかったか分からないのに、温泉やらコンサートやらお祭りやら、あちこち連れ出してくださって。おかげで私はいつの間にか、また笑えるようになりました。仕事も朝早くて忙しいのに、夜泣いて起こしてもやさしく慰めてくれてありがとう。私よりひと回り上のあなた。出会ってから甘い言葉の一つもないですね。でも、出かけるときは必ず手をつないでくれて、荷物を持ってくれて、席を譲ってくれてありがとう。私こそ、ちゃんと言ったことがないけれど、愛しています。これからもずっと一緒にいられますように。
愛知県 40才 女性
妻へ
あなたと出会って26年、結婚して21年。最初は職場の先輩であったあなたが、恋人となり、妻となり、三人の子どもの母となって今日を迎えました。出会ってからの26年間でいろいろなことがありましたが、どんな時も笑顔で、私を、家族を支えてくれて、どうもありがとう。あなたは私にとっても、家族にとってもかけがえのない存在です。これからもその笑顔を絶やさず、妻として、母として元気であり続けてください。人生のパートナーとしてあなたに出会えたことに、心から感謝します。いつまでも元気で、共にこれからの人生を歩んで行きましょう。もう一度あなたにありがとう。
愛知県 50才 男性
母へ
ずっと床についていた母を東山魁夷の展覧会に誘った。90歳近い母にとって背骨の圧迫骨折による闘病生活のダメージは大きく、車で1時間半の道のりは、ちょっとした小旅行となった。美術館では、初めての車椅子に親子で戸惑いつつ、魁夷の壮大な障壁画を堪能した。目の前に広がる深い深い青と緑の世界に引き込まれながら、私は気づいた。私自身、何十年も魁夷のファンだったにもかかわらず、母とこんなふうに見るのは初めてだと。「ささやかな家族旅行のひと日なり 生きゐる事はかくも楽しき」母が後日つくった短歌だ。心が震えた。こんなささやかな出来事を喜んでくれる人が存在していることに感謝した。お母さん、ありがとう。長生きしてね。
愛知県 59才 女性
妻と息子へ
君が生まれてきてもうすぐ14年になるね。やっと普通に笑顔が出る。いやいや楽しい。君がいなきゃ、始まらないんだ。君が生まれて半年後に、歩けない、しゃべれない君の人生を知ったんだ。初めの頃はいろんなことで君のお母さんは傷つき、悲しい思いをいっぱいしたんだよ。今じゃ、見た目にはわからないけどね。毎日、君はお母さんと一緒だね。君が人前で平気でおならをしたり、大声を上げたりするから、いつの間にか、お母さんは強くなっちゃったんだ。人目なんてどうでもいい、君とお母さんがいてくれたら、父さんは幸せです。こんな素敵な家族でいてくれる君とお母さんに心から「ありがとう」。
愛知県 45才 男性
お父さんへ
いつも本当にありがとうございます。私の事を大切に思ってくれて。お父さんがいるだけで、いつも安心します。私がいつも無理してるんじゃないかって心配してくれるのは、お父さんだけです。「姉と比べなくていいよ。」って言ってくれて、私の事を大切に思ってくれてるんだなと実感し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。お父さんの言葉に救われた気がします。お父さんは私にとても優しいですね。いつも仕事でいそがしいのに、休日には私の好きな所につれていってくれます。でも、お父さんこそ無理しなくていいから。いつも本当にありがとう。私もお父さんの事、大切に思っています。
愛知県 11才 女子
小学生の男の子へ
私の家の前の道は小学校の通学路です。毎日、楽しそうに小学生や中学生の子供たちが通います。ある日、ガーデニングをしていた私に5年生くらいの男の子が「こんにちは。」と元気に挨拶をしてくれました。私も思わず「こんにちは。」と答えました。たった一言ですが、私の心はとてもうれしく、優しい気持ちになりました。知らない人同士でも挨拶っていいなぁと思いました。忘れかけていた心に気付かせてくれた男の子に「ありがとう」を言いたいと思います。
山口県 58才 女性
清掃員の皆様へ
職場のお掃除をしてくださるおじいちゃん、おばあちゃん。毎朝のゴミ回収、窓ふきや床掃除、いつもいつも職場を綺麗にしてくれてありがとう。ゴミ箱を持ち上げるのは腰が痛いはずなのに、何階もあるフロアを回るのは、膝も痛くなるはずなのに、高い窓を拭くのは肩が痛いはずなのに。皆さんは嫌な顔ひとつしないで、いつも「お疲れ様。」と声をかけてくれます。こんなに快適に働けるのは皆さんのおかげです。直接こうやって感謝したことはないけれど、いつもいつも思っています。どうかお体をお大事に、これからもありがとう。
東京都 24才 女性
≪ 前のページへ  12345678910  次のページへ ≫

ページの先頭へ戻る