ありがとうを、そばに。

人と人のこころをつなぐ「ありがとうの本」を、今年も届けます。

「ありがとうの本2019-2020」をご希望の方に差し上げます。

「ありがとうを贈ろう。」キャンペーン2019(5月1日〜8月25日)にお寄せいただいたメッセージの中から、100通を厳選し「ありがとうの本」をつくりました。

愛知県下の小学6年生のほか、皆さまに無料でお配りしています。お近くの平安会館のほか、マリエールブライドスクウェア美翔苑ル・スクワールウェディングチャペルアンジェラリトル・リトリート仏壇の平安平安ふれあい会館でお配りしております。また、ご希望の団体様には50冊単位でまとめて差し上げますので、下記宛先までお申し込みください。

株式会社平安閣「ありがとうを贈ろう。」事務局
〒491-0862 愛知県一宮市緑4-1-2
TEL 0586-72-0200

お申し込みはこちら

ありがとうの本 掲載メッセージ

「ありがとう」のメッセージをまとめた「ありがとうの本」をお読みいただけます。

2011年からスタートした「ありがとうを贈ろう。」キャンペーン。
これまで、たくさんの方からメッセージをお寄せいただきました。
毎年、メッセージの中から100作品を厳選し、「ありがとうの本」をつくっています。
子どもたちのこころの成長を願って愛知県下の小学生へ、
そして希望される一般の方へ無料でお配りしています。

2019年-2020年の「ありがとうの本」をご希望の方はこちらから

「ありがとうの本2019-2020」掲載作品の募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
引き続き「ありがとうの本2020-2021」掲載作品の応募をしています。

「ありがとうのメッセージ」募集中

ありがとうの本「2020-2021」
のメッセージ応募はこちら

ご応募いただいた作品の中から100作品を選び「ありがとうの本2020-2021」を制作し、
愛知県下の小学6年生をはじめ希望者に無料配付いたします。

平安閣の想い

私たちの日常は、奇跡のような「ありがたいこと」の連続に支えられています。

ひとりでも多くの人が、日常の「ありがとう」の気持ちに立ち止まり、想いをちゃんと伝える。

そのきっかけをつくりたい。そんな想いで始めたのが「ありがとうを贈ろう。」キャンペーンです。

人と人とが「ありがとう」のこころでつながり、ありがとうの輪でいっぱいにしたい。

それが私たち平安閣グループの想いです。

株式会社平安閣
「ありがとうを贈ろう。」
事務局

〒491-0862 
愛知県一宮市緑4-1-2

0586-72-0200 
受付時間10:00~17:00
(土日祝日及び年末年始は除く)

※学校や団体でのご応募について、ご検討もしくはご質問のある方につきましても上記「ありがとうを贈ろう。」事務局までお気軽にお問い合わせください。

主催
平安閣グループ
共催
中日新聞社
後援
愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、春日井市教育委員会、尾張旭市教育委員会、長久手市教育委員会、東海市教育委員会、北名古屋市教育委員会、大府市教育委員会、半田市教育委員会、豊山町教育委員会、大治町教育委員会、清須市教育委員会、蟹江町教育委員会、豊明市教育委員会、知多市教育委員会、あま市教育委員会、東浦町教育委員会、一宮市教育委員会、江南市教育委員会、犬山市教育委員会、岩倉市教育委員会、扶桑町教育委員会、大口町教育委員会、小牧市教育委員会、日進市、日本赤十字社愛知県支部
  • ※ご応募いただく作品はご本人のオリジナルで未発表のものに限ります。
  • ※メッセージは50文字以上300文字程度に限ります。
  • ※メッセージの内容は、実際の体験や実在の対象とし、ノンフィクションに限ります。
  • ※ご応募いただいた作品は返却できません。作品の所有権、著作権など一切の権利は平安閣グループに帰属するものとします。
  • ※ご応募いただいた作品はホームページやその他での発表および弊社広告などで使用させていただく場合がございます。その際には個人情報に関する表現、情報は一切使用いたしません。
  • ※ご応募の際にご記入いただいた個人情報は、QUOカードおよび「ありがとうの本」の発送業務目的で利用させていただき、お客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはございません。

過去の開催概要

2011
2011
2012
2012
2013
2013
2014
2014
2015
2015
2016
2016
2017
2017
2018
2018
2019
2019
2019年-2020年のありがとうの本を読む

PAGE TOP

Copyright 2019, Ring net Allrights Reserved.

ありがとうを贈ろう。

ありがとうのメッセージを応募する >

ありがとうの本を請求する >